トップページ 学生団体紹介 イベント告知「楽市楽座」 インターン グループウェア「スフィア」 インタビュー 就活お役立ち

弁護士

弁護士とは

弁護士とは、法的手続において事件に直接関係のある人の代理人、検察官から公訴を提起された人の弁護人として法廷で弁護や主張をしたりします。

具体的な業務内容

弁護士は、社会で起こる問題を解決し、依頼人の基本的人権を擁護しながら金銭トラブルや離婚などの私的な紛争を一定のルールに基づき解決することです。また弁護士は経営に失敗した会社から依頼を受けて、経営を立て直すために代理人として法的手続を裁判所に申請したり、個別に法律相談に応じて、契約書を作成したりする仕事も日常的に行っています。

就業者数

弁護士として働くには、日本弁護士連合会(日弁連)に備えた弁護士名簿に登録する必要がありますが、2005年12月1日時点で、その数は2万2056人となっています。そのうち女性は2859人。1995年は1000人に満たなかったことから考えると急激に増えていますが、それでも全体の1割強に留まっています。
※日本弁護士連合会ホームページより

関連資格

関連職業

©Copyright 2008 Up-Turn All rights reserved.