トップページ 学生団体紹介 イベント告知「楽市楽座」 インターン グループウェア「スフィア」 インタビュー 就活お役立ち

社会保険労務士

社会保険労務士とは?

社会保険労務士(社労士)とは、国家資格として唯一の労務管理のプロフェッショナルと認められており、企業内の顧問契約、人事・労務諸問題に関する相談、社会保険・労働保険諸手続きの事務代理・提出代行、給与計算などを主に行います。

受験資格

学歴短期大学、高等専門学校、専門学校を卒業している者
4年制大学で62単位以上修得した者
職歴労働社会保険諸法令に関する事務に従事していた期間が3年以上の者
資格行政書士の資格を有する者
司法試験第1次試験又は高等試験予備試験に合格した者
厚生労働大臣が認めた国家試験に合格した者

受験料

9,000円

資格取得要件

社会保険労務士試験に合格し、労働・社会保険諸法令に関する事務に従事した経験が2年以上で、全国社会保険労務士会連合会に備える社会保険労務士名簿に登録しなければなりません。実務経験のない者には、全国社会保険労務士会連合会の行う講習を受けて、社会保険労務士の資格を得る途も開かれています。

試験内容

試験科目選択式択一式
労働基準法及び労働安全衛生法1問10問
雇用保険法2問7問
労働保険の保険料の徴収等に関する法律6問
労働者災害補償保険法7問
国民年金法1問10問
健康保険法1問10問
厚生年金保険法1問10問
労務管理その他の労働及び社会保険に関する一般常識2問10問

合格基準

選択式試験: 総得点22点以上かつ各科目3点以上(ただし、労基法及び安衛法、労災保険法、雇用保険法、社会一般常識、厚生年金保険法は2点以上)
択一式試験: 総得点41点以上かつ各科目4点以上(ただし、労基法及び安衛法、労働社保一般常識は3点以上)

受験者・合格者状況

年度受験者数合格者数合格率
2007年45,221人4801人10.6%
2006年46,016人3,925人8.5%
2005年48,120人4,286人8.9%
2004年51,493人4,850人9.4%
2003年51,689人4,770人9.2%
※全国社会保険労務士会連合会試験センターより

その他特記事項

国家資格
平成19年11月末日現在、社会保険労務士は全国で32,007人。

関連資格

公式サイトへのリンク

©Copyright 2008 Up-Turn All rights reserved.