トップページ 学生団体紹介 イベント告知「楽市楽座」 インターン グループウェア「スフィア」 インタビュー 就活お役立ち

危険物取扱者

危険物取扱者とは

危険物取扱者は、一定量以上の危険物を取り扱うことができます。また、無資格者が危険物を取り扱う際には、危険物取扱者が立ち会い、指示や監督をする必要があります。近年、化学工場や石油コンビナートでの安全管理など、危険物取扱者の専門的で幅広い知識への需要が増加しています。
危険物取扱者の免状は「甲種」「乙種」「丙種」の3種類がありますが、受験資格の関係で、ここでは「乙種」と「丙種」のみを紹介します。また、乙種は1類から6類まで細分化されています。

受験資格

なし

受験料

乙種3,400円、丙種2,700円

資格取得要件

危険物取扱者試験合格

試験内容

試験区分試験内容
乙種(1) 危険物に関する法令
(2) 基礎的な物理学および基礎的な化学
(3) 危険物の性質並びにその火災予防および消火の方法
丙種(1) 危険物に関する法令
(2) 燃焼および消火に関する基礎知識
(3) 危険物の性質並びにその火災予防および消火の方法

合格基準

上記試験内容の(1) (2) (3) の正解率がそれぞれ60%以上で合格。

受験者・合格者状況

受験者数合格者数合格率
乙種第1類20,541名12,864名62.6%
乙種第2類20,431名13,551名66.3%
乙種第3類17,109名10,395名60.8%
乙種第4類305,878名110,643名36.2%
乙種第5類17,767名11,799名66.4%
乙種第6類23,471名14,054名59.9%
丙種48,264名24,590名50.9%
※平成19年度試験情報
※(財)消防試験研究センターより

その他特記事項

国家資格
※バイパスルート
(1) 受験する乙種の類以外の乙種免状をすでに取得している者は、上記試験内容の(1)と(2)が免除
(2) 火薬類取扱保安責任者の免状の保有者が乙種第1類又は乙種第5類を受験する場合、上記試験内容の(2)と(3)の一部が免除

関連資格

公式サイトへのリンク

©Copyright 2008 Up-Turn All rights reserved.