トップページ 学生団体紹介 イベント告知「楽市楽座」 インターン グループウェア「スフィア」 インタビュー 就活お役立ち

火薬類製造保安責任者

火薬類製造保安責任者とは

火薬類や爆薬を製造する過程で、製造所の安全性の維持や貯蔵の保安管理などを行います。火薬や爆薬を製造する事業者は、製造所ごとに保安責任者を設置し、従業員を指揮監督させなければなりません。企業によっては、有資格者に資格手当てを支給するところもあり、最近では、学生や女性の受験者が増加しています。

受験資格

なし

受験料

甲種:25,900円、乙種:25,900円、丙種:12,000円

資格取得要件

火薬類製造保安責任者試験合格者で18歳以上の者

試験内容

試験区分試験内容
甲種(1) 火薬類取り締まりに関する法令
(2) 火薬類製造工場保安管理技術
(3) 火薬類製造方法
(4) 火薬類性能試験方法
(5) 火薬類製造工場に必要な機械工学および電気工学大要
(6) 一般教養
乙種(1) 火薬類取り締まりに関する法令
(2) 火薬類製造工場保安管理技術
(3) 火薬類製造方法
(4) 火薬類性能試験方法
(5) 火薬類製造工場に必要な機械工学および電気工学大要
(6) 一般教養
丙種(1) 火薬類取り締まりに関する法令
(2) 信号焔管、信号火せんまたは煙火製造工場保安管理技術
(3) 信号焔管、信号火せんまたは煙火製造方法
(4) 火薬類性能試験方法
(5) 一般教養

合格基準

甲種・乙種:上記試験内容(1)~(6)のそれぞれが60点以上。
丙種:上記試験内容(1)~(4)のそれぞれが60点以上で、(5)が50点以上。

受験者・合格者状況

その他特記事項

国家資格
※バイパスルート
 高卒者は、上記試験内容の一般教養を申請により免除される。

関連資格

公式サイトへのリンク

©Copyright 2008 Up-Turn All rights reserved.