トップページ 学生団体紹介 イベント告知「楽市楽座」 インターン グループウェア「スフィア」 インタビュー 就活お役立ち

国家公務員I種試験

国家公務員I種試験とは

国家公務員になるための試験ですが、I種はいわゆる「キャリア組」といわれ、将来的には本省庁の幹部候補生となります。幹部候補生には幅広い視野と見識は必要とされるため、短期間で異動する幹部養成コースを歩み、また若手官僚の時から、責任ある立場で重要な職務にあたることになります。具体的な業務内容として、各省庁の政策企画の立案、法律の制定・改正、法律の適正な運用・指導などの許認可、業務に伴う予算編成事務、各種審議会の運営、地方出先機関での本省庁で決定された事項の執行などがあります。

受験資格

1. 受験をする年の4月1日における年齢が、21歳以上33歳未満の者。
2. 受験をする年の4月1日における年齢が21歳未満の者で以下に掲げる者。(大学を卒業した者、翌年3月までに大学を卒業する見込みの者、または人事院が同等の資格があると認める者)
3. 日本の国籍を有しない者、国家公務員法第38規定により国家公務員となることができない者は受験資格がありません。

受験料

無料

資格取得要件

国家公務員採用試験の合格後、希望する各府庁に訪問し、面接審査を合格した者。

試験内容

以下の試験区分から1つを選択します。

行政、法律、経済、人間科学 I (心理系)、人間科学 II (教育・福祉・社会系)、理工 I (一般工学系)、理工 II(数理科学系)、理工 III(物理・地球科学系)、理工 IV(化学・生物・薬学系)、農学 I(農業科学系)、農学 II (農業工学系)、農学 III (森林・自然環境系)、農学 IV (水産系)

試験試験種目出題内容
第1次試験教養試験
(多枝選択式)
公務員として必要な一般的な知識及び知能に関する筆記試験
専門試験
(多枝選択式)
各試験の区分に応じて必要な専門的知識、技術などの能力に関する筆記試験
第2次試験専門試験
(記述式)
総合試験
(記述式)
総合的な判断力、思考力などの能力に関する筆記試験
人物試験人柄、対人的能力などに関する個別面接

合格基準

基本的な合格基準はありませんが、基準点(満点の30%~50%)に達しない試験種目が1つでも存在する受験者は、他の試験種の成績に関わらず不合格になります。

受験者・合格者状況

試験区分申込者数1次合格者数最終合格者数全体合格率
行政4,832名110名48名1.0%
法律7,495名910名477名6.3%
経済1,731名401名213名12.3%
人間科学 I
(心理系)
445名47名25名5.6%
人間科学 II
(教育・福祉・社会系)
481名35名18名3.8%
理工 I
(一般工学系)
3,292名749名451名13.7%
理工 II
(数理科学系)
225名44名22名9.8%
理工 III
(物理・地球科学系)
533名121名58名10.5%
理工 IV
(化学・生物・薬学系)
1,478名174名92名6.2%
農学 I
(農業科学系)
790名81名48名6.1%
農学 II
(農業工学系)
304名90名48名15.8%
農学 III
(森林・自然環境系)
608名121名62名10.2%
農学 IV
(水産系)
221名37名19名8.6%
※人事院より
※平成19年度試験情報

その他特記事項

国家公務員数は約945,000人。その中で行政職員などの非現業公務員数は約301,000人。
大学卒の初任給は202,496円、大学院卒は223,740円。(※平成18年度東京特別区内勤務の行政職員の場合)

関連資格

公式サイトへのリンク

©Copyright 2008 Up-Turn All rights reserved.