トップページ 学生団体紹介 イベント告知「楽市楽座」 インターン グループウェア「スフィア」 インタビュー 就活お役立ち

FP技能士2級(AFP資格)

FP技能士とは

金融商品、株式、保険、不動産、税金、年金、ローンなどの幅広い知識を使用して、顧客である個人から、収入・借り入れ・家族構成・資産などの情報の提供を受け、それを基に住居・教育・老後など将来のライフプランニングに即した資金計画・総合的なアドバイスを行います。

受験資格

・日本FP協会のAFP認定研修を修了した者
・3級FP技能検定合格者
・FP業務に関し2年以上の実務経験を有する者

受験料

学科試験4,200円。実技試験4,500円

資格取得要件

協会認定のAFP認定研修を修了し、2級FP技能検定(兼AFP資格審査試験)に合格した後、日本FP協会に資格認定会員として入会することによって、AFP資格のライセンスが授与されます。

試験内容

試験区分出題内容
学科試験
(マークシート式)
ライフプランニングと資金計画、リスク管理、金融資産運用、タックスプランニング、不動産、相続・事業承継
実技試験
(記述式)
個人資産相談業務、中小事業主資産相談業務、生保顧客資産相談業務、損保顧客資産相談業務、資産設計提案業務

合格基準

日本FP協会、金融財政事情研究会のどちらの実施する試験に受験するかで異なります。
学科試験: 60点満点で36点以上。
実技試験: 日本FP協会の場合、100点満点で60点以上。金融財政事情研究会の場合、50点満点で30点以上

受験者・合格者状況

試験区分受験者数合格者数合格率
学科試験26,330名3,369名12.8%
実技試験個人資産相談業務12,696名4,694名37.0%
中小事業主資産相談業務2,232名872名39.1%
生保顧客資産相談業務2,871名1,153名40.2%
損保顧客資産相談業務371名172名46.7%
※(社)金融財政事情研究会より
※2007年9月試験情報
試験区分受験者数合格者数合格率
学科試験17,834名3,866名21.7%
実技試験15,266名5,948名39.0%
(資産設計提案業務)4,417名
※日本FP協会より
※2007(平成19)年度9月試験情報

その他特記事項

民間資格
2007(平成19)年12月1日現在、AFP認定者は130,433人。CFP認定者は15,038人。

関連資格

公式サイトへのリンク集

©Copyright 2008 Up-Turn All rights reserved.