トップページ 学生団体紹介 イベント告知「楽市楽座」 インターン グループウェア「スフィア」 インタビュー 就活お役立ち

診療報酬請求事務能力認定試験

診療報酬請求事務能力認定試験とは?

診療報酬請求事務能力認定試験は、数ある医療事務の試験の中でも認知度が高く、最も信頼度の高い試験といわれています。
受付業務、オペレーター業務、会計業務、病棟クラーク、診療報酬請求業務など医療事務全般に関する専門的知識も求められ、診療報酬明細書(レセプト)の作成を中心に、その作成に携わる人の育成と能力のレベルアップをめざして実施されています。

受験資格

なし

受験料

7,500円

資格取得要件

診療報酬請求事務能力認定試験の合格

試験内容

医科・歯科に分け、それぞれ学科試験と実技試験が実施されています

試験区分出題内容
学科試験医療保険制度等、公費負担医療制度、保険医療機関等、療養担当規則等、診療報酬等、薬価基準、材料価格基準、診療報酬請求事務、医療用語、医学の基礎知識、薬学の基礎知識、医療関係法規、介護保険制度
実技試験診療報酬請求事務の実技

合格基準

非公開

受験者・合格者状況

年度実施回受験者数合格者数合格率
医科歯科医科歯科医科歯科
2007第26回8,220名246名2,048名88名24.9%35.8%
2006第25回10,736名204名2,986名82名27.8%40.2%
第24回9,126名245名2,724名104名29.8%42.4%
2005第23回12,410名243名3,164名104名25.5%42.8%
第22回9,531名298名3,400名116名35.7%38.9%

その他特記事項

公的資格

関連資格

公式サイトへのリンク集

©Copyright 2008 Up-Turn All rights reserved.