トップページ 学生団体紹介 イベント告知「楽市楽座」 インターン グループウェア「スフィア」 インタビュー 就活お役立ち

ソフトウェア開発技術者試験

ソフトウェア開発技術者試験とは

情報技術全般に関する基礎的な知識を活用し,情報システム開発において内部設計、プログラムの設計・開発、テストまでの一連のプロセスを担当する技術者が対象の試験です。

受験資格

なし

受験料

5,100円

資格取得要件

基本情報技術者試験の合格

試験内容

試験区分試験科目出題内容
午前試験コンピュータ科学基礎情報の基礎理論、データ構造とアルゴリズム
コンピュータシステム基本ソフトウェア、ハードソフトウェアなど
システムの開発と運用システム運用と保守など
ネットワーク技術通信装置、ネットワークソフトなど
データベース技術データベースのモデル・言語・制御
セキュリティと標準化セキュリティ、標準化
午後試験Ⅰ(記述式)と
午後試験Ⅱ(論述式)
ソフトウェア工学ソフトウェア開発におけるモデル、ソフトウェアの要求定義など
アルゴリズム整列、探索、文字列処理、ファイル処理、図形、グラフ、数値計算 など
システム構成技術集中処理、分散処理など
システム開発プログラムの設計・開発など
データ構造およびデータベース基本データ構造、記憶媒体の種類と特徴、ファイルの編成方法など
通信ネットワークデータ伝送、伝送制御、TCP/IP、LAN、WANなど
情報セキュリティセキュリティマネジメントなど
システム評価開発要件に関する評価など

合格基準

800満点で午前試験、午後試験Ⅰ・Ⅱいずれもスコア 600 点以上(ただし午前試験、午後試験Ⅰ・Ⅱともに合格基準を満たすこと)

受験者・合格者状況

年度(春期)受験者数合格者数合格率
2007年30,800人5,600人18.2%
2006年30,312人4,264人14.1%
2005年41,521人6,157人14.8%
※情報処理推進機構:情報処理技術者試験センターより

その他特記事項

国家試験

関連資格

公式サイトへのリンク集

©Copyright 2008 Up-Turn All rights reserved.