トップページ 学生団体紹介 イベント告知「楽市楽座」 インターン グループウェア「スフィア」 インタビュー 就活お役立ち

販売士検定

販売士検定とは

消費者ニーズの変化と商品の多様化が進む現在では、豊富な商品知識と優れた販売技術が必要とされるようになりました。販売士検定では、これらの知識と技術を得られる流通業界唯一の公的資格なので、小売業だけでなく卸売業や製造業などでも必要とされています。

受験資格

なし

受験料

1級: 7,140円、2級: 5,100円、3級: 4,000円

資格取得要件

販売士検定試験の合格

試験内容

試験区分試験出題内容
1級筆記試験商品計画と商品予算、仕入計画と在庫管理、経営とマーケティング、経営計算、市場調査と立地分析、組織と人事管理、販売計画と管理、情報化
面接試験表現力、説得力、問題意識
2級筆記試験小売業の類型、マーチャンダイジング、ストアオペレーション、マーケティング、販売・経営管理
3級筆記試験小売業の類型、マーチャンダイジング、マーケティング、販売・経営管理

合格基準

筆記試験の得点率が平均70%以上で、1科目ごとの得点が50%以上(ただし、1級試験は面接試験で合格と判定されること)

受験者・合格者状況

1級

年度受験者数合格者数合格率
31回(平成16年)1,375名140名10.2%
32回(平成17年)1,359名125名9.2%
33回(平成18年)1,151名129名11.2%

2級

年度受験者数合格者数合格率
32回(平成16年)14,246名10,179名71.5%
33回(平成17年)14,278名7,931名55.5%
34回(平成18年)13,491名7,508名55.7%

3級

年度受験者数合格者数合格率
57回(平成18年)18,227名10,551名57.9%
58回(平成18年)15,085名7,565名50.1%
59回(平成19年)15,378名9,649名62.7%
60回(平成19年)15,228名9,196名60.4%
※(社)日本販売士協会より

その他特記事項

公的資格
資格の有効期限が5年のため、5年ごとに更新が必要です。更新には資格更新講習会、または資格更新通信講座の修了が必要です。

関連資格

公式サイトへのリンク

©Copyright 2008 Up-Turn All rights reserved.