トップページ 学生団体紹介 イベント告知「楽市楽座」 インターン グループウェア「スフィア」 インタビュー 就活お役立ち

海運業界

海運業界とは

日本の海運業界は、企業同士の合併が進んでいて、現在では、日本郵船(世界第2位)、商船三井(世界第3位)、川崎汽船の3社体制になっています。ドル建てで資産を決済していた海運各社は、プラザ合意による円高で大打撃を受け、バブル景気を尻目に厳しい経営状況が続きましたが、近年では、東アジア諸国の好景気や、それを反映した船賃の高騰などで業績が回復しています。

今後の展望(課題と将来性)

コンテナ船の運賃の低下や原油高に伴う燃料費の高騰により各社とも苦境に追いやられていましたが、中国の鉄鉱石輸入など新興国を中心とした需要の増加や、コンテナ船の運賃の回復、バラ積み船運賃の高騰で利益のV字回復が予想されています。供給の増加が懸念されていますが、数年は好調な業績を維持できる見通しです。

業界経営指標

1.業界売上高 5兆2341億円
※数値は、業界企業12社の売上高合計値、平成18年度3月期より

業界企業の売上高ランキング

企業名売上高営業利益時価総額運行船舶数
日本郵船2兆1642億1,049億1兆3482億709隻
商船三井1兆5684億1,680億1兆9346億705隻
川崎汽船1兆855億613億9,007億385隻

※数値は平成18年度3月期

業界企業

日本郵船
新和海運
共栄タンカー
太平洋海運
商船三井
第一中央汽船
関西汽船
乾汽船
明治海運
川崎汽船
川崎近海汽船
飯野海運

その他特記事項

なし

関連業界

©Copyright 2008 Up-Turn All rights reserved.