トップページ 学生団体紹介 イベント告知「楽市楽座」 インターン グループウェア「スフィア」 インタビュー 就活お役立ち

石油業界

石油業界とは

海外には、石油の探鉱から生産、輸送、精製、元売までを一貫して行う国際石油資本(メジャー)と呼ばれる大手石油会社が存在しますが、日本の石油会社の多くは、精製と小売のみを手がけているため、収益性が低いのが特徴です。石油の可採年数は約40年といわれているため、新しい油田の開発や燃料電池などの開発を行っています。

今後の展望(課題と将来性)

原油価格の高騰で開発会社は高い利益を上げていているものの、販売会社にとっては逆風となっています。また、国内乗用車の販売不振によるガソリン需要の低迷や、環境意識の高まりによるボイラー燃料の天然ガスへの移行なども逆風となって、国内燃料油市場の縮小は必至です。ガソリンスタンドの不振が深刻で、廃業が相次いでいますが、一部はセルフ化・大型化し、ガソリン販売は転機を迎えています。

業界経営指標

1. 業界売上高 28兆4,898億円
※数値は平成19年
2. ガソリン販売量 6,048万kl
※ 数値は平成18年

業界企業の売上高ランキング

企業名売上高営業利益精油能力(l)シェア率
新日本石油6兆6,242億1,597億122万23.2%
東燃ゼネラル石油3兆787億587億76万19.3%
昭和シェル2兆9,212億743億52万15.6%
出光興産3兆3,947億1,028億64万14.2%

※数値は平成18年度3月期

業界企業

新日本石油
東燃ゼネラル石油
昭和シェル
出光興産
コスモ石油
新日鉄ホールディングス

その他特記事項

なし

関連業界

©Copyright 2008 Up-Turn All rights reserved.