トップページ 学生団体紹介 イベント告知「楽市楽座」 インターン グループウェア「スフィア」 インタビュー 就活お役立ち

化学業界

化学業界とは

日本の化学業界は、規模の大きな欧米企業との世界的な大競争にさらされている中で、高機能・高付加価値化を目指したR&D戦略と事業構造の変革を進めながら、グローバル戦略を軸にビジネス展開されています。石油化学事業では、石油や天然ガスを原料として、合成繊維・合成樹脂・合成ゴム等の石油化学製品を製造します。一方、非石油化学事業では医薬品や電子材料などを製造するなど、多種多様な製品を扱う業界です。

今後の展望(課題と将来性)

大手各社は自動車向けなどを中心に国内需要が上向いたことに加えて、中国などのアジア需要の拡大により輸出が増加しています。また、原油の価格変動に左右されない医薬品やエレクトロニクス事業の強化を進める企業も目立ちはじめています。しかし、原料の高騰によって製品価格にも影響が及ぼすことが予想されており、製品価格転嫁が今後の鍵となるでしょう。

業界経営指標

業界規模   25兆620億円
※ 数値は、経済産業省「工業統計表」、平成17年度より

業界企業の売上高ランキング

企業名(国内)売上高営業利益時価総額
三菱ケミカルホールディングス2兆6,228億1,285億1兆8,550億
住友化学1兆7,900億1,396億1兆3,094億
三井化学1兆6,880億916億6,874億
信越化学工業1兆3,094億2,410億3兆4,179億

※数値は平成18年3月期

業界企業

三菱ケミカルホールディングス
宇部興産
積水化学工業
昭和電工
東ソー
旭化成
ADEKA
住友化学
三井化学
東レ
信越化学工業
カネカ
大日本インキ化学工業

その他特記事項

なし

関連業界

©Copyright 2008 Up-Turn All rights reserved.