トップページ 学生団体紹介 イベント告知「楽市楽座」 インターン グループウェア「スフィア」 インタビュー 就活お役立ち

情報処理サービス業界

情報処理サービス業界とは

大きく分けるとSI(システム・インテグレータ)、ソフトウェア開発、情報処理・提供サービスの3つの事業が行われており、特に企業それぞれに合った情報システムの企画・提案・構築からシステムの運用・管理までトータル的にサポートするSI事業は、日本版SOX法の影響から需要が拡大しています。さらに中小企業のIT化、個人情報保護への対応からセキュリティ対策やシステム開発の受注も増加しています。

今後の展望(課題と将来性)

今後もセキュリティや金融の大規模編成に伴ったシステム構築といったニーズがあるため、成長が期待できる企業も多く、業界1位のNTTデータが売上高1兆円をとっばするなど、業界が活発化しています。しかし、業界としての課題は人材不足にあり、今後大きな開発受注を得るにはさらなる優秀な人材の確保が求められています。

業界経営指標

業界規模  3兆9,817億円
※ 数値は、経済産業省「特定サービス産業実態調査」、平成17年度より

業界企業の売上高ランキング

企業名売上高営業利益時価総額
NTTデータ1兆449億902億1兆6,100億
大塚商会4,336億261億3,499億
野村総合研究所3,225億438億7,222億
日本ユニシス3,074億62億1,842億
伊藤忠テクノソリューションズ2,943億254億3,408億

※ 数値は平成18年3月期

業界企業

NTTデータ
大塚商会
野村総合研究所
日本ユニシス
伊藤忠テクノソリューションズ
CSKホールディングス
NECフィールディングス
TIS
日立情報システムズ
富士ソフト
富士通ブジネスシステム
新日鉄ソリューションズ

その他特記事項

なし

関連業界

©Copyright 2008 Up-Turn All rights reserved.