トップページ 学生団体紹介 イベント告知「楽市楽座」 インターン グループウェア「スフィア」 インタビュー 就活お役立ち

固定通信業界

固定通信業界とは

大手3グループが市場の主導権争いを行っており、通信会社として世界一の売上高を誇り「Bフレッツ」が好調なNTTを筆頭に、「au」「TEPCOひかり」事業の開始などで追随するKDDI。携帯業界に突如現れ、ポータルサイト「Yahoo JAPAN」を持つソフトバンクが業界を牽引しています。今後は次世代ネットワークへの取り組みとして、固定通信と移動通信の融合を行う中で、各社どのようなサービスをするかが重要となっています。

今後の展望(課題と将来性)

通信大手3社NTT、KDDI、ソフトバンクが、IPベースの「NGN」(次世代ネットワーク)の構築を本格化しています。NGNとは、インター ネットより高品質で高機能,安心して使えるネットワーク・サービスの実現を目指すもので、我々一般の生活者やビジネス現場に、新たなメリットをもたらします。その一方でまた、NGNの広がりは、それを実現しようとしている通信キャリアや通信インフラのメーカーにとっても、大きな構造変化をもたらすものであり、これにどのように対応するかによって、業界の勢力図は大きく変化していくと予想されています。

業界経営指標

業界規模   23兆円
※ 数値は、業界企業の売上高合計値、平成18年度3月期より

業界企業の売上高ランキング

企業名(OA)売上高営業利益時価総額
NTT10兆7,605億1兆1,070億8兆7,835億
KDDI3兆3,352億3,447億4兆4,354億
ソフトバンク2兆5,442億2,710億2兆7,875億

※数値は平成18年3月期

業界企業

NTT
KDDI
ソフトバンク
ケイ・オプティコム
NTT東日本
NTT西日本
NTTデータ
NTTコミュニケーションズ

その他特記事項

なし

関連業界

©Copyright 2008 Up-Turn All rights reserved.