トップページ 学生団体紹介 イベント告知「楽市楽座」 インターン グループウェア「スフィア」 インタビュー 就活お役立ち

携帯電話業界

携帯電話業界とは

日本国内の携帯電話のユーザー数は8,000万人を突破し、普及率も75%以上。この飽和状態ともいえる中で、各企業は新しいサービスでの差別化によって自社ユーザー数の増加に必死だ。特に新規参入したソフトバンクが「ソフトバンク同士の通話料無料」「家族間通話無料」など斬新なサービスを他社に先駆けて提供し、番号ポータビリティー制度では一人勝ちを見せるauもSNS国内2位のグリーと提携するなど、最大手のドコモの牙城を崩そうとしています。

今後の展望(課題と将来性)

大手3社全てが「家族間通話無料」サービスをスタートさせ、さらに基本使用料も値下げるなど、収益面で大きく減少することが確実視されています。そのため各社の株価も下がるなどの苦戦を強いられています。また業界の注目事項であった「次世代高速無線通信」がKDDI系のワイヤレスブロードバンド企画とウィルコムの「特定基地局開設計画」に認可されることになり、これによってウィルコムの今後の動向に注目が集まっています。

業界経営指標

業界規模  11兆5,000億円
※ 数値は、業界企業の売上高合計値、平成18年度3月期より

業界企業の売上高ランキング

企業名売上高営業利益国内携帯電話・PHS契約者数
NTTドコモ4兆7,880億7,735億5,276万人
KDDI(移動通信事業)2兆6,774億3,856億2,857万人
ソフトバンクモバイル(非上場)1兆4,420億1,346億1,623万人
ウィルコム(非上場)2,475億▲0,3億462万人

※ 数値は平成18年3月期
※ 契約者数は電気通信事業者協会、平成18年5月現在

業界企業

NTTドコモ
KDDI
ソフトバンクモバイル
ウィルコム
イー・アクセス
アッカ・ネットワークス
沖縄セルラー

その他特記事項

なし

関連業界

©Copyright 2008 Up-Turn All rights reserved.