トップページ 学生団体紹介 イベント告知「楽市楽座」 インターン グループウェア「スフィア」 インタビュー 就活お役立ち

ネット検索・ポータル業界

ネット検索・ポータル業界とは

国内のネットユーザー数は8,000万人以上となりました。そんな中でポータルサイトやネット検索の利用度は高まり、各社の業績もそれに合わせて好調を維持しています。国内ポータル最大手のヤフーはもちろんのこと、粉飾決算問題で営業利益がマイナスとなった楽天も現在は復活の兆しを掴んでいます。ネット検索業界は世界最大手のGoogleが新サービスを次々に提供し、積極的なM&Aで世界シェアを獲得していますが、そのシェアも日本ではヤフーがリードしており、また経済産業省主導の官民共同事業では新しい検索エンジンの開発も行われているなど、国内企業が今後世界の検索業界へ躍進していくことが期待されます。

今後の展望(課題と将来性)

現在、業界にとって最大の関心事は、MSNでネット検索業界に本格的参入を果たしたマイクロソフトが米国ヤフーに対して買収提案を行っていることです。ネット検索・ポータル業界それぞれで業界最大手であるヤフーが買収されるとなると業界地図は一気に変わることは確実であり、今後のヤフーの動向が注目されます。

業界経営指標

業界規模   3,708億円
※ 数値は、業界企業の売上高合計値、平成18年度3月期より

業界企業の売上高ランキング

企業名(ポータル)売上高営業利益時価総額
ヤフー2,125億1,062億2兆5,400億
ライブドア(非上場)1,379億▲22億
エキサイト119億1.7億129億
楽天(ポータル事業)85億3億5,475億

※数値は平成18年3月期

業界企業

ヤフー
ライブドア
エキサイト
楽天
グーグル
MSN(マイクロソフト)

その他特記事項

なし

関連業界

©Copyright 2008 Up-Turn All rights reserved.