トップページ 学生団体紹介 イベント告知「楽市楽座」 インターン グループウェア「スフィア」 インタビュー 就活お役立ち

インターネット広告業界

インターネット広告業界とは

インターネット広告の市場規模は毎年拡大しており、電通の発表によると2007年のネット広告費は6,003億円(前年比124%)となり、国内の雑誌広告費を抜いたことが明らかになりました。接続環境の大容量化によって動画配信などが可能になったことや、検索連動型広告も前年比50%以上の成長を見せ、さらに今後は携帯電話向けの需要が高まることが予想されていることなど考えても、業界の成長性は今後も大いに期待できます。

今後の展望(課題と将来性)

「Web2.0」時代に突入し、業界の動向はいかにCGM(一般の消費者が直接情報を投稿・交換し合えるメディア)の代表でもあるブログやSNSなどを有効に利用できるかが重要になってきた。その中で、サイバーエージェントは国内最大規模のブログ「アメブロ」を運営しており、口コミマーケティングにおいてリードしている。競合他社が今後どのような動きを見せるかに注目したい。

業界経営指標

業界規模   6,003億円
※ 数値は、電通調べ、平成19年より

業界企業の売上高ランキング

企業名売上高営業利益時価総額
サイバーエージェント601億43億513億
サインバー・コミュニケーションズ488億14億463億
デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム323億11億346億
オプト293億8億361億

※数値は平成18年3月期

業界企業

サイバーエージェント
サインバー・コミュニケーションズ
デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム
オプト
セプテーニ・ホールディングス
まぐクリック

その他特記事項

なし

関連業界

©Copyright 2008 Up-Turn All rights reserved.