トップページ 学生団体紹介 イベント告知「楽市楽座」 インターン グループウェア「スフィア」 インタビュー 就活お役立ち

生命保険業界

生命保険業界とは

生命保険は、死亡保険、生命保険、生死混合保険の3種に大別され、国内の生命保険会社は、主に死亡保険の取り扱いを主力としてきました。しかし近年では、日本の生命保険会社の経営破綻が相次ぎ、生損保とも外資系企業が健闘しているのが特徴です。とくに生保ではアメリカンファミリーやアリコジャパンの業績が好調で、日本の中堅クラスにまで成長してきました。一方で今後とも、経済が低迷して株価が回復しないようだと、日本の生保の逆ざやはさらにひどくなり、また、生保各社の資産が減少していきます。こう見ると、日本人の命や体を守る生命保険が徐々に外資に浸食されていることがわかるでしょう。

今後の展望(課題と将来性)

生命保険業界の主力商品は死亡保険でしたが、少子高齢化によるニーズの低下から低迷が続いていています。一方、医療・がん保険や個人年金などの需要は高まっており、各社とも死亡保険以外の商品展開に軸足を移しつつあるのが現状です。消費者の「生命保険離れ」で、長年苦境にあった生命保険業界ですが、06年3月期には8年ぶりの増収傾向を見せています。

業界経営指標

業界規模   27兆7,662億円
※数値は、生命保険協会調べより

業界企業の売上高ランキング

企業名保険料等収入保有契約数総資産
かんぽ生命11兆2,318億6,370万件112兆8,550億
日本生命4兆8,543億3億2,432万件51兆8,419億
第一生命3兆2,937億2億3,638万件33兆5,782億
住友生命2兆9,344億1億8,726万件23兆2,864億
明治安田生命2兆5,702億2億4,412万件26兆7,972億

※数値は平成18年3月期

業界企業

かんぽ生命
日本生命
第一生命
住友生命
明治安田生命
T&Dホールディングス
三井生命
富国生命
朝日生命
ソニー生命
アリコジャパン
アメリカンファミリー生命
アクサジャパンホールディングス
アイエヌジー生命

その他特記事項

なし

関連業界

©Copyright 2008 Up-Turn All rights reserved.