トップページ 学生団体紹介 イベント告知「楽市楽座」 インターン グループウェア「スフィア」 インタビュー 就活お役立ち

証券(大手)業界

証券(大手)業界とは

2003年5月以降、個人投資家などの積極的な参加による株価上昇で、証券各社の業績は前期までの赤字決算から急回復している。そのような中で、大手企業への一極集中、インターネット専業証券会社の台頭が目立つようになり、中小証券の置かれている環境は厳しく、今後さらに大手による中小証券の買収など再編が加速していくと見られる。米国の信用力の低い個人向け住宅融資(サブプライムローン)問題の余波を受けた株式市場の低迷で、個人向けに加え新株発行の引き受けなど法人向け営業の不調が響き、厳しい状況の会社が目立ってきています。

今後の展望(課題と将来性)

改正証券取引法の施行以後、銀行が証券仲介業務に参入することで顧客の争奪戦が始まることは確実であり、証券各社にとって脅威となることは必至です。しかし、2006年3月末の個人株主数は10年連続で過去最高を更新しています。その背景には 1,000万口座超、株式売買の全取引金額の約3割に拡大したインターネット取引がある。証券各社はシェア拡大を図るため、手数料引き下げ、ネット証券化などを積極的に行っており、今後も新規顧客の獲得競争が激化していくでしょう。

業界経営指標

業界規模   186兆円
※数値は、大手3グループ企業の預かり資産合計平成19年度3月期

業界企業の売上高ランキング

企業名(地方銀行)預かり資産経常利益時価総額中核企業
野村ホールディングス85兆2,000億3,217億4兆8,361億野村證券
大和証券グループ本社59兆2,330億1,954億1兆9,103億大和証券
日興コーディアルグループ41兆1,000億1,004億1兆6,356億日興コーディアル証券

数値は平成18年3月期

業界企業

野村ホールディングス
大和証券グループ本社
日興コーディアルグループ
いちよし証券
??攵攘?n
丸八証券

その他特記事項

なし

関連業界

©Copyright 2008 Up-Turn All rights reserved.