トップページ 学生団体紹介 イベント告知「楽市楽座」 インターン グループウェア「スフィア」 インタビュー 就活お役立ち

工作機械業界

工作機械業界とは

工作機械は、機械をつくる機械であることから“マザーマシン”とも呼ばれ、製造業の発展の最も基礎的な部分を支えている産業です。その中で日本企業各社が工作機械の主要生産国であるドイツ、米国と共に世界をリードしています。特に加工技術と電子制御技術との結合によって、特にNC旋盤とマシニングセンター(MC)では圧倒的な国際競争力を有しています。

今後の展望(課題と将来性)

 日本工作機械工業会の発表によると、工作機械の受注額が50カ月連続で前年同月比プラスとなり、2006年の受注総額は1兆3100億円を突破しました。これにより1990年に記録したこれまでの最高記録1兆4121億円を更新。この背景には日本の工作機械業界における強みである、「開発力が高く、ユーザーの設計や素材の変更等にきめ細かく対応可能」、「サポート体制が充実している」、「製品・サービスを値打ち感のある価格で提供できる」が要因でしょう。今後はIT化が目覚しいアジア地域に向けて新たな戦略に乗り出しています。

業界経営指標

業界規模   1兆4,370億円
※ 数値は、日本工作機械工業会、平成18年度より

業界企業の売上高ランキング

企業名売上高営業利益時価総額
ファナック4,195億1,629億2兆7,303億
安川電機3,689億335億3,188億
アマダ2,622億390億6,173億
オークマ1,888億272億2,862億
東芝機械1,643億205億1,763億

※数値は平成18年3月期

業界企業

ファナック
安川電機
アマダ
オークマ
東芝機械
森精機製作所
牧野フライス製作所
ヤマザキマザック
川崎重工業
松下電器産業
富士機械製造

その他特記事項

なし

関連業界

©Copyright 2008 Up-Turn All rights reserved.