トップページ 学生団体紹介 イベント告知「楽市楽座」 インターン グループウェア「スフィア」 インタビュー 就活お役立ち

百貨店業界

百貨店業界とは?

百貨店とは、多種類の商品を取り扱う大規模小売店です。近年では各百貨店が個性的な売り場を目指し、他店との差異化を図ると同時に相互協力の体制も見られます。例えば、物流の効率化を目指した共同仕入れのシステムを導入したり、オリジナル商品の共同開発をしたり、他業種企業と提携することで業務のスリム化を行っています。
さらに、大手百貨店において企業グループとして事業拡大を目指す動き(再編・統合化)は、業務提携・経営不振な地方百貨店への資本参加・大手スーパーとの統合など激しくなってきています。しかし、この統合問題はスーパー、コンビニ等の小売業界内のみならず、運輸業,外食業、更には金融業等をも含めたコングロマリット化が見られ、日常生活の多くに関わることができる百貨店は、流通業界の主要プレーヤーのひとつとして、今後もその動向が流通業界の大競争・大統合に大きな影響を与えると考えられます。

今後の展望(課題と将来性)

平成19年度の夏は、記録的な猛暑の影響により全国百貨店の売上高は、前年同期比で見ると0.4%増も夏物衣料などが売れています。しかし、総合スーパーやコンビニに若年層の顧客を奪われている現実があり、今後もこの厳しい状況は変化しないと考えられるので、経営統合やオンラインショッピングなどを活用し、各百貨店がどのような経営していくが重要となるでしょう。

業界経営指標

1.業界売上高   7兆7700億円
2.業界従業員数     103,124人
※数値は、日本百貨店協会平成18年度より

業界企業の売上高ランキング

企業名売上高営業利益店舗数
高島屋1兆494億338億国内20店/海外4店
ミレニアムリテイリング(非上場)そごう9665億国内12店
西武百貨店国内16店
大丸8370億346億国内11店
三越8041億126億国内80店/海外24店
伊勢丹7817億322億国内11店/海外2店

※数値は平成18年2月期

業界企業

高島屋
ミレニアムリテイリング(そごうと西武百貨店)
大丸
三越
伊勢丹

その他特記事項

経営統合・業務提携の事例
ミレニアムリテイリング(そごうと西武百貨店)
Jフロントリテイリング(大丸と松坂屋)
阪急阪神ホールディングス(阪急と阪神)
三越伊勢丹ホールディングス(三越と伊勢丹) ※平成20年の4月予定

関連業界

©Copyright 2008 Up-Turn All rights reserved.