トップページ 学生団体紹介 イベント告知「楽市楽座」 インターン グループウェア「スフィア」 インタビュー 就活お役立ち

建設業界

建設業界とは

道路整備やインフラ整備など、都市の生活基盤を造っているのが建設業界です。市場規模は50兆円以上ですが、バブル崩壊後の建設需要の低迷や、構造改革による公共事業の縮小などで、1990年後半頃から準大手企業以下で経営破綻する企業が相次ぎ、また銀行の債権放棄によって何とか経営を継続する企業も相次いでいます。今後も厳しい市場環境が続くことが予想されるため、さらに熾烈な競争は必至でしょう。
今後の展望(課題と将来性)
海外受注の増加など好材料もあるものの、公共事業の減少した上に、『脱談合』の動きが活発化し、受注獲得競争が激化、利益率低下が深刻化しています。さらに、民間建築でも安値受注競争が激化し、採算性が悪化しているなど、悪材料が豊富です。今後も公共事業の減少と競争の激化が予想される中で、準大手以下では整理・再編が予想されています。
国内の需要が低迷する中で、中国を中心とするアジアやヨーロッパへの進出で、新たな収益機会の開拓が急がれています。

今後の展望(課題と将来性)

1. 業界売上高 52兆3,400億円
※ 国土交通省『平成19年度建設投資見通し』より

業界経営指標

企業名売上高営業利益時価総額有利子負債
鹿島1兆8914億555億5,191億4,638億
大成建設1兆8733億576億4,195億4,840億
清水建設1兆6540億508億5,488億2,650億
大林組1兆5679億475億4,899億2,577億

※数値は平成18年度3月期

業界企業の売上高ランキング

鹿島
大成建設
清水建設
大林組
竹中工務店
前田建設工業
戸田建設
西松建設
三井住友建設
フジタ
長谷工コーポレーション
ハザマ
東急建設
熊谷組
飛島建設
新井組
鉄建
安藤建設
奥村組
不動テトラ
淺沼組
大豊建設
高松建設
青木あすなろ建設

業界企業

なし

その他特記事項

不動産業界
住宅業界

©Copyright 2008 Up-Turn All rights reserved.