トップページ 学生団体紹介 イベント告知「楽市楽座」 インターン グループウェア「スフィア」 インタビュー 就活お役立ち

社会人マナー

社会人として、自分の身だしなみを整えておくことは大切です。人の印象は第一印象で決まることが多いといわれる中で、あなたは他人に不快感を与えるような服装をしていませんか? よりよい第一印象を与えるために以下の項目をもう一度チェックしてみましょう。

身だしなみ男性編  女性編  注意事項

身だしなみ男性編

まずは基本を確実におさえることが大切です。そのうえで自分らしさをアピールしていきましょう。

・スーツ…スーツの一番下のボタンは外しておく。型崩れの原因となるのでポケットに物を入れすぎるのは避ける。

・ネクタイ…柄は小柄なもの、派手なのは避け無地やストライプのものが良いでしょう。セミナー会場に入る前や面接の前などには、結び目が緩んだり曲がったりしていないか必ずチェックしましょう。

・シャツ…アンダーシャツを着るなら白で、襟元から見えないようにしよう。

・その他…爪は長すぎないように切っておき、足を組んだ際に肌が見えないように長めの靴下(黒・紺色・濃いグレー)を使用します。靴下の色は白色・柄物は厳禁です。髪形は長すぎないようにし、必ずヒゲの処理をして清潔感を出しましょう。

女性編

まずは基本を確実におさえることが大切です。そのうえで自分らしさをアピールしていきましょう。

・スーツ…パンツスーツでも良いですが、スカートの場合は、椅子に腰掛けた時に膝より上にならないようにし、タイト過ぎず「ゆとり」のあるものを選びましょう。

・シャツ…シャツは清潔感を保つため複数用意し、またシャツの色は薄いピンクやブルーも印象が良い。

・ストッキング…ストッキングは少し濃い目の肌色がお勧めです。冬場は黒色をはく人もいますが避けた方が良い。またストッキングが伝線しとときのためにも予備を携帯しておくと便利です。

・その他…長すぎる髪の毛は結ぶ。スーツの汚れ、シワ、色落ち等を確認する。化粧はナチュラルメイクで服装も派手なものは避け、アクセサリーは小さめにし、ピアスを使用する場合は透明にします。またパンプスやヒールも高すぎるものは避けましょう。

注意事項

・鞄は黒色がベストで社会人になっても使えるような丈夫なものを選ぶのが良いとされ、セミナーなどで資料をもらうことが多いのでA4サイズが入る大きさにしましょう。外出先では何が起こるかわかりません。ハンカチ・ティッシュはもちろん、あぶらとり紙、歯磨きセットなど。さらに男女ともに手鏡を持っておくと便利です。

↑トップへ

電話マナー

就職活動中の学生だけでなく、社会との関わる機会が多い全ての大学生にとって電話応対は大切です。また、電話はいつかかってくるかわかりません。電話応対で相手に不快感を与えることもあります。不意にかかってきた電話にしっかりと対応出来るでしょうか?次のマナーを頭に入れておくとスムーズな電話応対が出来るでしょう。

スムーズな電話応対をするためには特に下記の3点は気をつけておこう!

電話の受け方  電話の掛け方  注意事項

電話の受け方

(不意に)掛かってくる電話を受けるときに、焦らないよう電話応対の流れをしっかり理解しよう。
電話を受けた場合の流れ
 【電話が鳴ったらすぐに出る】(4コール以上の場合は「(大変)お待たせいたしました」という。またメモの用意は忘れずに!!)
→【名乗る】(○○大学○○学部○○です。)
→【確認】(先方の会社名、氏名を確認する。必要があればメモをとる!)
→【あいさつ】
→【用件を聞く】
→【内容・要点の確認】(不明な点等があれば質問もする)
→【終わりのあいさつ】

電話の掛け方

電話を掛ける前、焦らずに済むための電話応対の流れをしっかり理解しよう。
電話を掛ける場合の流れ
【相手の確認】(相手が名乗らない時はこちらから確認する)
→【あいさつ、名乗る】(明るく、さわやかに!)
→【呼び出し】(恐れ入りますが○○さんいらっしゃいますか?)
→【本人確認と都合の確認】(○○さんでいらっしゃいますか?今、お時間よろしいですか?)
→【用件を述べる】(簡潔にわかりやすく伝える)
→【内容確認】
→【都合をつける】(必要があれば、連絡先や次の都合をメモしましょう。)

→【終わりのあいさつ】(お忙しい中ありがとうございました。)

その他注意事項

・コールは3回以内に出る

・相手が名乗らない時…「失礼ですがお名前を伺ってよろしいですか?」

・正しい言葉ではっきりと話す

・メモの用意

・かけるときは忙しい時間は避ける

↑トップへ

言葉遣い

社会人になると、さまざまな人と話す機会があります。正しい言葉遣いや話し方をすることは大切です。言葉遣いを間違えることで相手に不快感を与えることもあります。正しい言葉遣いは「習うより慣れろ」と言われる中、あなたは社会人の一員として正しい言葉遣いを出来ていますか?
以下のポイントをみてみましょう。

正しい言葉遣いのポイント
【尊敬語】相手を高める言葉…相手の状態や動作に対して使う
【謙譲語】自分を下げて相手を高める…自分の状態や動作に対して使う
【丁寧語】丁寧に表現する…立場の上下に関わらず基本的に使う
ポイント1 主語と動詞で覚える
ポイント2 敬語の使いすぎ(二重敬語)に注意する
上記の事をふまえて「習うより慣れろ」ということで考えすぎに言葉を出してみましょう。

その他注意事項

×)うん→○)はい
×)~なんですよ→○)~です
×)~っていうか→○)~というよりも
×)悪いのですが→○)恐縮ですが、お手数ですが
×)本当ですか→○)そうですか
×)すみませんが→○)恐れ入りますが
×)~と言います→○)~と申しま

↑トップへ

©Copyright 2008 Up-Turn All rights reserved.